世界武術祭り

文化観光部指定 世界武術祭り  テッキョンの本場、忠州で開かれる忠州世界武術祭りが今年で11回目をむかえる

World Martial Arts

忠州世界武術祭りは、「五千年の民族魂と世界武術の出会い」というテーマで韓国伝統武術である「テッキョン」の世界化のために毎年10月に開催される中部内陸圏の世界文化観光祭りとして文化観光省が優秀地方文化観光祝祭に指定した権威ある祭り。今年で11回を迎える忠州世界武術祭りは、忠州が幾多の攻撃の中でも決死抗戦した忠節の故郷であり、韓国武術の根とされるテッキョンの本場であることを、国内外に広くPRするきっかけとなった。古くから力の象徴であった鉄の主産地であり、三国時代以後、軍事的要衝地として国運を計る歴史的な地域で、対蒙抗爭最大の激戦地でありながら戦勝地である。
朝鮮戦争、トンナク戦闘で韓国軍最初の戦勝地である忠州は、2千年前の高句麗時代から伝わるテッキョンを故シン・ハンスン先生が体系化させ、1983年6月1日に国家重要無形文化財第76号と指定された。忠州市はテッキョン伝授館を設立し、毎年全国テッキョン大会を開会しながら世界武術連盟本部都市(WoMAU)の忠州として生まれ変わった。

祭りのご案内

  • 日時:2009.10月中
  • 規模:15か国、30余団体(外国16、韓国23)
  • 主管:忠州世界武術祭り推進委員会
  • テーマ:世界平和のための雄壮な気合いの声
  • お問い合わせ:忠州世界武術祭り委員会

祭りの場所

  • 国連平和公園(旧弾琴台漆琴観光地)
    - お問い合わせ : 043)850-7981~3
    - ホームページ : www.martialarts.or.kr